Windowsキーについて

.NET Frameworkで作られたソフトは、中間コードで作成されるため
.NET FrameworkによってOSで動くためのコードに変換されて実行するため
OS依存しないで動作できる。
 

操作 説明 Vista 2003 XP 2000 98 NT4 95
Windows メニューの表示と非表示を切り替える。
Windows + Tab タスク バー上の各プログラムを巡回する (Windows フリップ 3-D を使用)
タスク バーのボタンを切り替える。
Windows + Ctrl + Tab 方向キーを使用して、タスク バー上の各プログラムを巡回する (Windows フリップ 3-D を使用)5
Windows + Break [システムのプロパティ] を表示する。
Windows + Space ガジェットをすべて手前に移動し、Windows サイド バーを選択する。
Windows + F1 Windows ヘルプを表示する。
Windows + B タスクバーの通知領域にフォーカスを設定する。
Windows + D デスクトップを表示する。
Windows + E エクスプローラを起動する。
Windows + F ファイルまたはフォルダを検索する。
Windows + Ctrl + F コンピュータを検索する。
Windows + G サイド バーの各ガジェットを巡回する
Windows + L ネットワーク ドメインに接続しているときにコンピュータをロックする。または、ネットワーク ド メインに接続していないときにユーザーを切り替える。
Windows + M すべてのウィンドウを最小化する。
Windows + Shift + M 最小化したウィンドウを復元する。
Windows + R [ファイル名を指定して実行] を開く。
Windows + T タスク バー上の各プログラムを巡回する。
Windows + U コンピュータの簡単操作センターを開く。
ユーティリティ マネージャを開く。
Windows + X Windows モビリティ センターを開く

更新日:2008/03/06

もどる(拡張子博物館)